相続後に家族が集まるタイミングのひとつが初盆です。

特に、土地の評価をするための路線価も出てくるので、できれば初盆に間に合うように、相続財産の調査と評価をして、どう分割するか考えておいた方が後がスムーズです。

遺産分割 の流れ

分割の方向性がまとまったら、遺産分割協議書を作成することになりますが、そこまでを簡単にまとめると、次のような流れになります。

被相続人が死亡(相続開始)

相続人と相続財産の調査

遺産分割協議を行う

遺産分割協議書を作成する

遺産分割 のポイント

 事前の相続財産の調査、相続財産の評価を行って、どのタイミングで分割協議を行えるかがポイントです。一般的にはゴールデンウイーク・初盆・年末年始のタイミング多くなりますが、その年の土地の評価のベースになる路線価は毎年7月の発表ですので、具体的な話ができるタイミングがお盆になることが多いように思います。


市川欽一税理士事務所は、生前・事後の「相続税の流れ」をご提案します。

以下をタップしてお気軽にお問合せください。

LINE公式アカウント(市川税理士事務所)

instagram:ichikawak

facebook:ichikawatax

当ホームページの投稿フォームからもご連絡いただけます